キャッチボールがむずかしい

f:id:hampemtarutaru:20180622160149p:plain

 

このごろお勤め先が少々よくない雰囲気になってきている。

表立って問題があるわけではないが、なんかいまいちスタッフ間のコミュニケーションが円滑に行ってない感じ。

 

基本、お店なんてのは営利目的の集団なのだから仲よしこよしである必要はまったくない。

だけど、関係が良くないと意見を出し合わなくなり、出し合わなくなると相手の考えてることがわからなくなり、ますます相手との距離は広がり、いつしか埋めがたい深い溝ができてしまうことも多い。

 

わたしが社員さんやらだったら話は早いんだが、なにぶんお気楽パートの身。

できることなんてなんもない。具体的にお店の利益になるような提案ならまだしも、そういう微妙なアレコレになまじ首突っ込んでもよけいめんどくさい事態になるだけだ。

 

なので、わたしはわたしにできることを。

 

お店に対して、MGRや社員さんに対しても山ほど言いたいことはあり。

わたしはそれを溜めない。隠さない。不満も批判も残らずぶちまける。

ほんとうに些細なことも、言ってもどうしようもないことも、もしかしたらちゃんとしたオトナが言うべきじゃないかもしれないことも、全部言う。

自由な立場ゆえ。それを採用するかしないかは聞いたほうが考えればいいことで、末端の意見ならどんなことだって無駄ではない、ハズだとわたし自身考えているから。

われながら言い過ぎなんじゃないかと思うことも多いが、そこで言葉をオブラートに包んだらわたしがわたしである意義がない、と謎の自己評価。

 

 

お勤め先のランチは曜日によって客入りが大きく異なる。

忙しい曜日は厨房ホール含めて5人で回すのが常だったのだが、春先にランチを手伝ってくれていた学生が卒業してから、けっこうな頻度で4人体制の日がある。

なかなかの壮絶ぶりだ。部活並みの運動量。終わると一歩も動けない…なんてこともよくある。

再三ランチスタッフを募集してくれと訴えているのだが実現に至っていない。

 

 

いい加減腹に据えかねていたので、一日MGRに愚痴混じりにその話をした。

「時間給で働いてる人間にとっては忙しかろうが暇だろうがいただけるもんはおんなじ。何度もランチスタッフ増やしてくれって言ってるのにこの体育会系のノリはいつまで続くんだよ。時給あげろとまでは言わないけど、それこそ缶コーヒーの一本でもいい、ねぎらいやらオプションでもなきゃ正直やってらんねーよ」

みたいな話。

まあそこまで攻撃的なテンションで話したつもりはない。へとへとだったし、単純にバカ正直にそのときの心情を吐露したに過ぎない。

 

MGRは愛想笑いを浮かべてわたしの愚痴を聞いていたが、わりといつもヒトの話を聞いてんだか聞いてないんだかわかんない態度の人なので、わたしも言うこと言ったし、その後はまるきり元通りで、すっかりそれで忘れていた。

 

そしたら先日出勤時。

 

「たるたるさん、ちょっと…」

 

「ん?なに?」

 

(小声で)「冷蔵庫にコーヒー入ってるんで」

 

 

…えーと、それはアレか。

もしかして、先日の言葉を文字通り額面通り受け取って、わたしに缶コーヒーを買ってくれたってことか?

 

もうなんか、嬉しいやら恥ずかしいやらじれったいやらモヤモヤした気持ちで頭かきむしって叫びたくなったよ。

 

 

うん、えっとね、そうじゃないんだよ?

いやそうなんだけど、そういうことじゃないんだよ?

ニュアンスでわかんないかな、言いたいこと?伝わんなかった?

わたしの伝え方が下手だった?下手過ぎた?

小学生の男の子みたいなリアクションじゃんかよそれ!

 

 

もうなんかいたたまれなくて。

缶コーヒーでも買ってくれなきゃやってらんないよ、って言ったらコーヒー買ってくれるって、どんだけ安直なの。

もはや健気にすら見えてくる。

 

でも、とにかくも「なにかしよう」と思ってくれたことは嬉しい。

 

嬉しいけど、そうじゃないんだよ。根本的な解決にはなにひとつ近づけてないし、文句を言ったわたしひとりの機嫌を取ったところでどうにもならん。

 

これ以上の誤解が怖かったので、伝わるかどうかはわからないけどそれも正直に伝えた。

 

「えっとね、なんていうか。けして缶コーヒーが欲しかったわけじゃないんだよ。でも、買ってくれようと思った気持ちが嬉しかった、ありがとう」

 

 

 

わたしの伝え方が悪いのかもしれん。

自分では心情感情120%全部オープンに伝えてるつもりでも、相手には意外と伝わっていないものなのかもしれん。

自分が思うほど相手は自分を理解してくれていないかもしれないし、あるいはその逆もあるのかもしれん。

 

 

なんだか久しぶりに、身をよじるほどの「うがー」って気持ちになったよ。

職場も好きだし、件のMGRもヒトとして素直だと思うし好きだけど、こんなにキャッチボールが難しいとは思わなんだ。

 

社交力をウリにしているつもりのわたしでさえこうなんだから、人生において「人間関係」ってのはよっぽど難しいんだろうな。

 

 

…あれ、それともわたしがアホなだけか!?

 

 

 ***

 

関連記事いくつか

hampemtarutaru.hatenablog.com 

hampemtarutaru.hatenablog.com 

hampemtarutaru.hatenablog.com 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX

気持ちをもってかれる

f:id:hampemtarutaru:20180621153647p:plain

 

 影響を受けやすい。良くも悪くも。

とはいっても流されやすい、わけでもない。

 

だから「影響を受ける」というよりは、インプットされた情報からどこまでも思考が派生して収拾がつかなくなるって意味で、自分の生活ないし思考に「影響が出る」。

横道にそれまくっちゃって本題に戻ってこれないみたいなこともしばしば。

 

書くのは大好きなんだけど、何かに気持ちを持ってかれちゃうと何も書く気がなくなる。

書く気がなくなるっていうよりは、脳内が散らかりすぎちゃって書けない。

 

だけど日々書きたいことはどんどんじゃんじゃん発生するため、とりあえずタイトルだけ、概要だけ、キーワードだけ書き溜めたものがアホみたいにたまっていく。

これいつか消化できるのか。

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

たとえば今ならサッカーワールドカップの話を書きたい。

 

とりあえず日本戦の興奮と感想だけでも書き留めておけばいいのだけど、どうせ書くなら自分で見る時のために全グループ一覧と現在のFIFAランキングも載せたいし、国旗も載せたい。

 

で、国旗を載せるためにDLしようと探し出したら、国旗にまつわるアレコレの話が面白くて読みふけってつっかかってる。イマココ。

なんとか2、3日じゅうには書きたいが、ちゃんと記事がまとまるころにはW杯終わってそうな気がするわ。

 

 

大阪で大きな地震があった。

心からお見舞い申し上げる。ほかに言えることがなにもない。

天災は本当に怖い。日本列島どころか地球上じゅうどこに住んでいたって、明日は我が身だ。心構えだけはいつだってしておかねばならん。

 

 

全然読みたかったわけではないんだがはむぺむが読んでいたのをなんとなく手に取ったら止まらなくなって一気読み。

 

 

 

読んだらそりゃ面白いよね。知ってる。

カイジはワンポーカーまではたしか全部揃ってるし全部読んでる。絵は正直苦手だがそんなんすっ飛ばすくらいの面白さだ。

赤裸々に描かれる人間の深層心理もさることながら、ゲームのルールがほんとうに毎回秀逸。

いずれあらためてシリーズまとめてレビューしたいが、ちょっと集中して気持ちが引っ張られてたのでさしあたり紹介。

 

 

ほかにもこれでもかというくらい気持ちをもってかれるアレコレが満載で、結果まとまった記事を書くことができていない。

書いても途中で別のことが書きたくなってぜんぜん脳内でまとまってくれないのでこうなってる。いままさにこれ。

雑記もいいとこだ。自分でも収拾ついてないのがわかる。

 

 

脳内が整頓されるまではちょくちょく過去記事の出番になるが、それはそれでまたあらたな脳内事項が増えるわけで。

  

hampemtarutaru.hatenablog.com

何かを見たり聞いたり、だれかと話したり、だれかの記事を読んでさえ、気持ちと思考は容赦なくどこまでも持ってかれる。

 

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

とっても元気なんですが、とっても脳内散らかってます。

誰か片付けてくれ…もしくは片付けるいい方法を教えてくれ…切実に。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX

知らんふりして積んでゆく

f:id:hampemtarutaru:20180620141520p:plain

 

気がつくと駅や道路が整備されていたり、まるで知らないビルが建っていたり、店舗が入れ替わっていたりって光景は日常的に見かける。
よく考えるとなんだか怖い。

 

自分のあずかり知らぬところで巨大ななにか、ささいな何かもそうだが変化するのは怖いことだ。
そりゃ全部知ろうたって無理な話だから、気にしなきゃ別にそれでいいんだろうけど。

 

たとえば新宿の雑居ビル。

たぶん昭和50年ごろに建てられた5階建て*1

 

正確にいつ建てられたのかわからない。

図面なんてもはやない。

建てるのに携わった人もむろん知るよしもない。

中のテナントは数え切れないくらい入れ替わってる。

いざ改修しようとなっても24時間常にどっかのテナントは稼動してるからビルごと直すなんてとても無理。

応急処置しかできない。

 


当然配線関係はしっちゃかめっちゃか。

後ろ開けたってなにがなんだかわかるわけないから、使えるように無理矢理必要最低限の線だけつないであとはフタしちゃう。

とりあえず見た目きれいになってて使用に耐えれば問題ない。

消防法、ナニソレ?

 

 

田舎の工事は進展が遅くて工事過程が見られることもあるが、都会はそんなんが茶飯事。
雑居ビルの立ち並ぶ街やら首都高なんて見ててホントにゾッとする。

 

それでももちろん安全に使えるようにたくさんの人が知恵を絞って労力を供出してってやってはいるだろう。

ただ、もとのものが古くていじれない状態だと正直どうしようもない。だましだましやっていくしかないからな。

 

もっともそんなん個人でも一緒だ。

あとでやろう今度やろうと押入れに何もかも突っ込んでいくうちにどこに何があるのかわからなくなって、見なかったことにして扉を閉めちゃう。

家も脳内も、街も都会も似たようなもんだ。

 

 

ぜんぶまっさらの状態から構築していければ理想的だけど、それにはまず古い建物を壊さなきゃいけない。

これが案外厄介なんだよね。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX

*1:たとえ話なのでそんなビルありません、念のため

年上年下

f:id:hampemtarutaru:20180619100404p:plain

 

年上の男性が好きである。
多少のバカも笑って許してくれる懐の深さや余裕を感じるゆえ。

 

年上の女性はもっと好きだ。
すごくワカッテル感じで、思わず弱みをさらけ出してしまうやさしさやあたたかさを備えている。

 

年下の男の子はちょっと苦手だ。
ナメられたくないという心理が働くせいか過剰に攻撃的に構えてしまうから。

 

年下の女の子はもっと苦手だ。
どの程度の距離感で接したらいいのか正直まったくワカラナイ。

 

同い年はやはりもっともラクだ。
男女問わず肩肘張ることなくリラックスできる。

 

もちろん個人差は少なくないが、大別するとこんな感じ。

 

そして自分も他人にとっては年上だったり年下だったりするわけで。

 

年齢ってオトナになるとそれほど気にならないと思ってたけど、生きてきた年数である程度到達点に差があるから、違和感が生まれるのは必然なのかもしれないな。

 

そう思ってるならデフォルトのタメ語やら口の悪いのをいい加減やめろって話だが、こればっかりは治らねっす。

てかやめる気なし。

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX

友人に会いに~待たされる気持ちと高崎みやげ

f:id:hampemtarutaru:20180617151842p:plain

 

もう半月くらいまえになっちゃうが、古い友人をたずねて群馬の奥の方まで遠征してきた。

彼女の妹が亡くなったとの報せを聞いていたにもかかわらず、通夜葬儀に参列できなかったので線香だけでもあげようという目的。

幼い頃に面識もある。お子さんはまだ2歳だそうな。残酷で残念だ。

 

 

妹さんをイメージして青系で花束を作ってもらった。

f:id:hampemtarutaru:20180617145554j:plain

 

友人には小学生男子がふたりいるのでお菓子のみやげも忘れずにね。

梅林堂の大願成就。わたし最近これ、手土産の定番だな。

 

www.bairindo.co.jp

f:id:hampemtarutaru:20180617145945j:plain

 

線香はこちらを持参しました。木箱の時点ですでにものすっご香りが強い。

 

自宅にお邪魔して、お線香をあげたらもう目的達成。

とはいえそのままおいとまするのも流石にアレなので、一緒にランチでもと彼女の車で出かけてみた。

 

なにやら地元の奥様方が集まる人気店だそうな。 

f:id:hampemtarutaru:20180617145611j:plain

 

カルチャースクールとか、個人出店のお店とかが建物の中に所狭しと入っていて、その一角がレストランというか喫茶コーナーのようになっている。

非常に混み合っていて、いわゆるレストランスペースではなく、建物のいちばん奥の謎の座敷に通された。

 

もう完全にコンセプト不明。殿様の前に下ろしそうな御簾みたいのとか、昭和色の箪笥の上には売りものの小物が乗っている。3センチくらいの置物で3000円とか結構いい値段がついている。

いやースゴイなこの無秩序さと、にもかかわらずの客入り。

 

ランチメニューからそれぞれ選んで注文し、待つこと…待つこと…待つこと…さすがに40分を過ぎたあたりから友人がそわそわしはじめた。

「ちょっとさすがに遅いよね?そろそろ怒ろうか?」

 

文句を言おうにも店員さんも見当たらない。

というかほかのセレクトショップ的なお店にはそれぞれわんさと店員さんがいるんだが、たぶんレストランとは無関係なのだろう。

そしてレストランはなかなかでかいキャパと客入りであるにもかかわらず、少なくともホールはひとりしかいない様子。

おそらく厨房もひとりなのだろう。いや、ひょっとするとホールの人がひとりで厨房も掛け持ちしてる疑惑すら出てくる。

 

 

自身が飲食に長く従事しているせいか、わからなくてもいい店の事情がわかるし想像もついてしまう。

怒ったところでなにが解決するわけでもない。おとなしく待つことにした。

 

 

時計の針がちょうど1時間経過を指したころに、ようやく食事が出てきた。

とりあえず忘れられていたわけではなかっただけで安心。

 

友人が頼んだのはナントカ粥。わたしもこれにすりゃよかったなー。

f:id:hampemtarutaru:20180617145634j:plain

 

わたしはなぜかよりによってドリアを頼んでいた。

作るのも時間かかるし、食べる方も熱いし…!アホかわたし!

でもちゃんとおいしかったです。

f:id:hampemtarutaru:20180617145643j:plain

 

そこまで長い時間待たされることは日頃ないけど、たまには待たされる気持ちを味わうのも悪くない。

普段はどの場面でも「待たせる側」だからさ。

 

 

友人と別れて高崎駅へ。

 

今回は珍しくはむぺむから「高崎行くならだるま弁当買ってきて」とリクエストがあったので弁当屋へ。

 

あったあった。っていうかそういえば峠の釜めしも定番だっけ。

そりゃ両方買うでしょ。

f:id:hampemtarutaru:20180617145711j:plain

 

この香の物みたいなの定番だよね。

f:id:hampemtarutaru:20180617145720j:plain

 

食べ終わった後の釜、なんとなく捨てられないで取っておくものベスト5とかに入る。

f:id:hampemtarutaru:20180617145729j:plain

 

中身はこんな感じ。普通にウマイ。

f:id:hampemtarutaru:20180617145747j:plain

 

だるまは空き容器、貯金箱になるんだよね。

f:id:hampemtarutaru:20180617145738j:plain

 

コレ!というものが入っていないわりにおいしいよね。弁当ならでは。

f:id:hampemtarutaru:20180617145757j:plain

 

店にお土産買って行こうと思って、だるままんじゅう買ったんだけど。

f:id:hampemtarutaru:20180617145809j:plain

 

翌日に持っていくの忘れちゃったので、持って行く気がなくなって自分で食うことにした。

f:id:hampemtarutaru:20180617145859j:plain

 

結果的に持っていかなくてもよかった。まあ値段なりっていうか、正直べつにおいしくなかった。

でもデザインはかわいいね。安いし。

f:id:hampemtarutaru:20180617145909j:plain

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX

 

スイーツ比較とギネスビールの缶の中身

f:id:hampemtarutaru:20180606230209p:plain

 

甘いもの大好き。

コンビニスイーツなどすごい食べます。なかでもセブンのやつは9割くらいおさえてるんじゃないかと思われ。

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

というわけで、先月くらいにお目見えしたセブンのかわいいスイーツシリーズ投下。

 

コアラさん!

f:id:hampemtarutaru:20180606230239j:plain

 

パンダさん!

f:id:hampemtarutaru:20180606230224j:plain

 

味も見た目もクオリティ高いなー。

 

こういう「動物などをかたどった」デザインのやつは、昔から人気筋。

パン屋さんとかでも味は二の次で、かわいいやつって子供のころから飛びつくように買ってもらってた。

 

売れ筋ってことで、どこもこぞって開発してるんだろうね。

スーパーでもこんなのを発見した。

 

パ、パンダさん。。

f:id:hampemtarutaru:20180606230300j:plain

 

うさぎさん。。

f:id:hampemtarutaru:20180606230314j:plain

 

がんばってるのも伝わってくるし、う、うん、それなりにかわいいと言えなくもない。

 

なんかこう、いっしょうけんめい作った不格好だけど愛らしい、的な。

お値段はセブンのやつに比べるとたしか100円~150円くらいお安いんだけど、味はしっかり落ちます。

ケーキじゃなくてカップケーキだしね。

 

***

 

小ネタ的扱いでアレなんだけど、わざわざ別記事にするほどのもんじゃないかなと思ってついでに。

 

ギネスビールってご存知かね。ご存知だろうね。

ドラフトギネス 330ml×24本

ドラフトギネス 330ml×24本

 

 

これ、缶の中になんか入ってんだよ。白いピンポン玉みたいなの。知ってた?

 

たぶんラムネのビー玉的なもんだと思うんだけど。

なんか説明書いてあったんだけど、たしか泡立ちをよくするためとかそういう効能らしい。

f:id:hampemtarutaru:20180616114708j:plain

 

はむぺむが(文字通り)缶をこじ開けて中身を出してくれました。

こんなんが入ってました。

 

f:id:hampemtarutaru:20180616114803j:plain

 

すべての缶に1個ずつコレが入ってるって思うと、なんかちょっと不思議な気持ちにならない?

あれ、わたしだけ?わたしだけか?

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX

【命の重さ】世の中を変えるには【汝の隣人を愛せよ】

f:id:hampemtarutaru:20180615155634p:plain

 

先にお断りしておきますがきょうの記事、かなり乱暴です。

たぶん大多数の人が不快感を催す可能性のある記述が多く含まれます。

 

自分の中でもまだまだ固まってないし、明確な結論も出せてないし。

誰か何かを攻撃したり、世を儚むようなスタンスではありませんが話の構成上そういった思想に拠る部分がございます。

ご承知の上、興味のある方のみ先にお進みください。

 

 

ある意味きょう書きたいことはこの台詞に凝縮されているかも。

「地球に住む者は自分達のことしか考えていない!だから抹殺すると宣言した!」

「人が人に罰を与えるなどと!」

「私、シャア・アズナブルが粛正しようというのだ、アムロ!」

「エゴだよそれは!」

 

「地球は人間のエゴ全部を飲み込めやしない!!」

「人間の知恵はそんなもんだって乗り越えられる!」

「ならば 今すぐ愚民ども全てに叡智を授けてみせろ!!」

 (機動戦士ガンダム 逆襲のシャアより引用)

 

 

ガンダム好きですまん。

見たことない方はぜひ1st、Z、逆シャアまではご覧ください。一見の価値あり。

アニメが嫌だってかたは小説をおススメします。架空戦記ものとして面白く読めます。

 

機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

 

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

 

「愚民ども」に対して怒りを覚えることが、年若い頃にはあった。

自分はとりあえず棚の最上段にでも乗っけておくとして

 

ルールをまったく解しないバカども

容易に他者を傷つけるアホども

他人の気持ちを慮れない愚か者ども

 

みんな消えてなくなればいいのに。

優れた独裁者が現れて、劣った人類を粛清してくれたらいいのに。

 

みたいに思ってた。

 

愚かな人間がいくら繁殖して数増やしたって、自分が愚かとすら自覚できない人間が増えて世の中は劣化するだけだ。

殺人、いじめ、虐待、悪びれずに深く考えもしない愚民どもがはびこるほどに、そうした問題はどこまでも増え続けていくだろう。

 

 

どこかでこの連鎖を断ち切らねばならん。

ヒトは唯一、生き物のなかで明確な意思と言語、それを共有できる英知を持っている。

地球号という船の舵を取れる貴重で有益な存在として、その責務を果たすべきだ。

 

 

…みたいな、無駄に雄大で壮大で中二入ったイタめの思想を、20代の頃はしてた。

いやまあ、いまでも思考の根幹にそういう部分はあるけども。

 

 

いじめを苦にした自殺、通り魔、虐待死。

そういうニュースを見るたびにもやもやしたやり場のない怒りを覚えるのは、今も昔も変わらないけど、年を重ねるごとに「他人事」感が増してきた。

 

 

だってしょうがねえじゃん。どうしようもないんだもん。

 

 

そりゃてめえの身近で起きてりゃ対処のしようもあるよ。身内、友達、知り合いだったら全力で助け舟だって出して、どうにかしようとめいっぱい動くよ。

でも、日本だけで1億からのヒトがいるんだぜ。そりゃどうしようもないさね。

 

 

法制度で縛ればいいってのも考えた。

罰則を重くすればいい。実際、飲酒はそれで事故が減ったよい前例。

 

でもゼロにはならないんだよね。なりえないのもわかってる。

それってのは「見せしめ」をしても意味がないから。

もうちょっと正しく言うと、

「見せしめを見せしめと理解できないレベルのアホが事件を起こすから」。

 

 

「自分だけは大丈夫」「自分だけは違う」という謎の無根拠な自信によって支えられているから、自分の正義だけを振りかざして生きているから、そういう人にいくらものの道理を説いても無駄。

よく「バカは死ななきゃ治らない」というが、バカは死んでも治らない。

それどころか、ばらまいた遺伝子と歪んだ教育の賜物としてのちのちまでバカを遺してくださる。

 

 

基本的人権だの、ヒトの命の重さ、ヒト以外の生き物の命の価値。

そういったものすら「定義」されたのはいったいいつの話だい。

ながーいながーい人類の歴史のなかで、それらに価値を認めだしたのはごくごく最近じゃないのかい。

はたしてほんとうに、ヒトの命は地球より重いのかい。

 

 

わたしは自分至上主義だ。

究極自分さえよければいい。豚も牛も鶏も食う。道端で猫を愛でる。

無意識に無数の蟻を踏みしだき、少しの痒みを与えた蚊を憎しみをもって叩きつぶす。

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

人間以外の生き物を雑に扱う思想はありませんが、人間至上主義ではあります

 

hampemtarutaru.hatenablog.com

 

じぶんをとりまく命への愛や慈悲などまるでない。なんて手前勝手なんだろうと、ほんとうにそう思う。

動物だって、昆虫だって、植物だって、細胞だって、細菌ですら、命という一点においては同じのハズなのに。

 

 

だから、じゃあどうすんだよ。

御託はいいから、お題目は聞き飽きたから、具体的に世の中を変えるには、よりよくするためにはどうしたらいいんだよ。

 

 

世の中に限らずだが、ものごとを変えようと思ったときに急速に行うのはリスクが高い。

急に変えたものは急に倒れる。

時間をかけて、辛抱強く、ときには何十年も何百年もかけて、少しずつ少しずつシフトチェンジを試みる。

過去の革命だって改革だって、一見急に起きたように見えて実際はそこに至るまで静かにちょっとずつ膨れ上がった熱がたまたまそこで弾けたにすぎない。

人のほんのすこしの意識が変わって高まって集まって、はじめてなにかは成し遂げられるのだ。

 

 

 気長でまだるっこしいとは自分でも思う。

 でも、ヒトにできる唯一最高のおこないは

 

「自分がなぜそこで生きているかを考えて」

「それを支える多くの事柄に感謝して」

「自分の目の届く範囲内で愛と情熱を持って前向きに生きる」

ことだけ、なんじゃなかろうか。

 

 

いきなり平和的偽善者の結論で我ながらゲンナリだし、めちゃくちゃ絵に描いた餅、理想論であることは認める。

冒頭の引用じゃないがほんとに「今すぐすべての人類に叡智を授けて見せろ」ってなもんだ。

 

でも、もしもそれが叶ったら、あなたがただあなたの隣人に優しく生きることができたなら。

誰もがひとり残らずそうできたならそれだけで世の中は、絶対もっとよいものになるだろう。

…こうしてあらためて書くと「聖書」ってよい書物なのかもしれんなー。

 

 

もっとも、隣人に優しく生きるためには、行き届いた餌が必須。

金持ち喧嘩せず。おなかいっぱいならだれもがやさしく生きられる。

そうなると問題は、食糧事情って話になってくるわけで。

現時点のわたしの手には負えそうにない話題です。

 

***

 

今回の記事はこのかたの文章に触発されて書きました↓

 

過激なことも包み隠さず書くももはなさんのブログ。

サイコパスとご自分をおっしゃいますが、論理的で説得力のある話の組み立てをなさるので楽しく拝読してます。

 

若さゆえの尖った切っ先はなかなか爽快で、読み手が時々不快さを覚えるのも「自分の意見」をきちんと述べられるがゆえ。

 

もちろんすべての意見に賛同できるわけではないけれど、態度をハッキリと意思を明確に、物怖じしない姿勢がとても好き。

however-down.hatenablog.com

 

***

ランキングの応援をしてくださる心優しいアナタはこちらをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
INDEX